ふさふさなブログ~ゲーム・デザイン・小説・雑談色々やってます~

lolというゲームやPS4のゲームのトロコン記事、自作の小説の事などを記事として書いていきます!

【ワールドエンド 異世界ループを抜け出すには】を解説・考察!第一部前半 プロローグ~第二章まで【自作小説】

今回始めるのは「小説家になろう」で掲載され、完結済みの作品【ワールドエンド 異世界ループを抜け出すには】という作品を解説・考察していこうと思う。
作者はhusahusaという方……

 

作者はhusahusa

 

そう、私だ!

 

狂気の企画はっじまるよ~☆

わーーーーーーーーーーーーーい!
自分で自分の小説を解説するっていう狂気の企画が始まります!
いやあ、やってみたかったんだよね!(手遅れ)
という訳で、今回は第一部の内容を掻い摘んで話しながら解説・考察をしていこうと思います!
まだ読んでいないという人は今すぐ読むんだ!
urlはこれだ→https://ncode.syosetu.com/n6050er/

 

プロローグ部分

既に物語が始まっており、どうやら佳境の様です。
二人の男が会話をしながらかなり焦っている様子。
そのシーンから一遍し、兵士達の群れの会話シーンへと移行します。

 

この部分ではプロローグと言う事もあり、読者側が全く状況が掴めて無い状態である程度話がすすんでいるという始まり方です。
この始まり方はよくあるパターンですね!

 

現状全くわからない状況なので次を見ていきましょう!

 

第一章・第二章

第一章まとめ

プロローグで出てきた兵士達から一国の姫を護衛するという依頼を受けたベルが所属する「オメガ」という憲兵部隊。
それぞれの能力説明もありながら、依頼の準備に取り掛かるベル達。
しかし、ただの護衛任務と聞いていたにも関わらず敵の兵士達が現れたり、姫を護衛する立場であった筈のマーロウという老兵までもがベルに襲い掛かる。
結局仲間を無くしたベルは呆然とその場に立ち尽くすのだった。

第二章まとめ

姫、そのほか兵士達殺害の容疑を掛けられ姫の生まれた国ノースクへと拉致されるベル達。
メンバーはベル・ガンデス・イデアルの三人だ。
途中口々とやっかみを受けながらも国王ボルネクスの元まで連れて行かれる。
ボルネクスにありのままを話弁明するベル達だったが、ボルネクスの様子がおかしくなり、そのまま殺せと兵士達に命令する。
これはたまらない、殺されてなるものかとベル達はノースクから命からがらにげだしたのだった。

ベル達はオメガのリーダーであるガンデスの祖国パコイサスへ助けを求めてを訪れる。
有効的な態度をとっていたガンデスの弟であり、パコイサスの国王のネイガスだったが、次第に様子がおかしくなりボルネクス同様ベル達を敵とみなす。
ガンデスの犠牲はあったもののベルとイデアルはガンデスの言う『敵』を見つける為に歩を進めるのだった。

 

物語考察

いやあ、一体何が何やらという状況ですね。
ベル達は誰にはめられているのか?敵とは何なのか?その目的とは?
という所で第一部の前半が終了した訳ですが、どうでしょう?
改めて自分で読んでみたんですがおもしろいですね!(超自画自賛)
現状解説・考察する部分が少ないというか、言ったらネタバレになる部分なので言えませんw

 

物語のトリックの部分は一番力を入れたところだったので、現状のベル達の状況が何故こんなことになっているのかという部分までしっかり描かれているので興味の湧いた方は読んでみて下さい!

続きの中編はこちら

www.husahusadayo.com