ふさふさなブログ~ゲーム・デザイン・小説・雑談色々やってます~

lolというゲームやPS4のゲームのトロコン記事、自作の小説の事などを記事として書いていきます!

【第六回】ゲームレビュー:荒廃したベガスを舞台にサイコパスが集う!ストーリーがサイコ感満載なFallout: New Vegas編

どうも、husahusaです。
今回は第六回ゲームレビューという事で、husahusa的超お勧めシリーズのfalloutシリーズから一作、その名も「Fallout: New Vegas」を紹介します!

概要

『Fallout: New Vegas』(フォールアウト: ニューベガス)は、ベセスダ・ソフトワークスより発売されたゲームソフト。日本では2010年11月4日にXbox 360およびPlayStation 3で発売された。Falloutシリーズ4作目にして、Fallout 3のスピンオフ作品として発売前にアナウンスされていた。
今作の開発であるObsidian Entertainmentは、シリーズがInterplayから発売されていたころにFallout、Fallout 2、Fallout Tactics、などを開発した元Black Isle Studiosのメンバーが多く所属している開発会社であるため、過去のシリーズからの引用が多く見られる。

 

作品の舞台は前作と異なり、2281年(前作から4年後)のアメリカ南西部・ラスベガスを中心とする砂漠地帯、モハビ・ウェイストランド一帯である。北はネリス空軍基地から南はサーチライト周辺まで到達できる。

前作とのストーリーでの繋がりはないとされるが、至る所に前作プレイヤーに向けての要素が散りばめられている。(例えばアイテムとして"ウェイストランド・サバイバルガイド"が存在しているなど)

基本的なゲームシステムなどは前作を踏襲しているため、前作の頁を参照の事。

出典:Fallout: New Vegas - Wikipedia

 

面白い部分

シリーズ通して一番サイコパスなストーリー

ゲーム内には「三大勢力」と呼ばれる大きな勢力があります。
どの勢力の分岐を選んでもやばい結末しかないですw

【共通ルート】
グッドスプリングス郊外で頭を撃たれた主人公。
そこで出会う主人公を助けてくれたヴィクターというロボットと、自分を銃で撃った犯人を捜すべく冒険の旅にでます。
途中犯人がベニーというカジノグループのリーダーだという事を知ります。

f:id:husahusadayo:20190923232359j:plain
ベニーは運び屋である主人公を襲い、荷物を奪ったのです。
さらに冒険を進めていくと、バニーの親玉であるハウスという者の存在を知ります。

f:id:husahusadayo:20190923231933j:plain

また、ベニーはハウスから「プラチナチップ」という物を盗んだのだという……
ハウスは主人公に「プラチナチップ」という物を持ってくるように言います。
そうしてなんとかベニーを追い詰めた主人公。
一方ベニーはハウスのセキュリティロボットの一体を改造し、イエスマンと名付け護衛に当たらせていました。
結局ベニーは主人公に敗れ、主人公は無事プラチナチップを手に入れる事が出来ました。
そしてイエスマンはそんな主人公に対し、「望むのならばモハビを貴方のものにすることも出来る」と持ちかけてくるのでした。

ここまでが共通ルートになります。
かなり端折りましたが、ここまでのストーリーで主人公に接触してきたのが、
・NCR ― 新カリフォルニア共和国 (New California Republic)
人口は70万人を超える国家というべき存在

・シーザー・リージョン (Caesar's Legion)
アリゾナ州北部に位置するフラッグスタッフを本拠地とし、周辺の86もの部族を取り込み発足した巨大な連合組織

・ニューベガス・ストリップ地区 (NewVegas The Strip)
ハウスが支配している地域
そしてイエスマンの四つです。
それではそれぞれのルートを見ていきましょう!

それぞれの分岐ルート

【NCRルート】
クロッカー大使の元に行き、順調に依頼をこなす主人公。

主人公の活躍により、とうとうリージョンとの決戦が始まる。
激闘の末リージョンの指揮官リガタス・ラニウスを無力化したNCRは勝利を宣言し、リージョンの地域を手に入れる事に成功。
主人公にはNCRの最高市民勲章であるゴールデン・ブランチが与えられました。

うーん、正直普通です。
このルートはニューベガスのサイコ感の一端すらありません。
ですが、リージョンとの戦闘は、正に戦争と言えるものでそのワクワク感は十分です!
シリーズの世界観を知るには丁度いいルートです。

 

【リージョンルート】
シーザーの元へ行くと、彼からMr.ハウスを始めとしたリージョンに仇なす者や、
害を加えそうな組織を対処するよう指示を受ける。
こちらも依頼をこなしていく内に、信頼を得ていきます。
そしてこちらもNCRとの決戦の準備が整い、とうとう戦いが始まります。
激闘の末無事勝利、功績を認められた主人公はリージョンの金貨の柄として描かれることとなった。

こちらはNCRの逆視点での物語です。
しかし、こちらはNCRと比べて報酬しょぼくない?
ま、まあ称えてるのは同じだから(汗

 

……と、まあここまではいいんです。
この二つのルートは所謂王道です。
では残りの二つは邪道?いいえ違います。
スーパーサイコパスです。
それではどうぞ。

【ハウスルート】

プラチナチップをハウスの元に持っていくと、プラチナチップの真の使い道が明らかになった。
それは戦前ハウスが作り出したもので、ハウスのロボット軍団が強化されるという物だった。
ハウスに協力した主人公は、ハウスの脅威になりそうな組織を壊滅するように依頼される。
そして、NCRとリージョンが戦争を起こしたタイミングで漁夫の利を得て、纏めて二つの勢力を排除する事に成功する。
かくしてハウスは三大勢力全ての土地を収めたが、本人はニューベガス以外には興味が無く、他の地域は荒廃していった。
主人公はハウスの元あらゆる贅沢を尽くしていた。

はい、きましたやりたい放題big版的ストーリー!
ハウスの行動理由が全て驚異の排除という理由なのが彼の状況を表しています。
というのも、彼は今まで主人公の前に姿を現していません。
ずっと画面越しなのです。
その理由がこれです。

f:id:husahusadayo:20190924233925j:plain

そう、ハウス自身はもう老体を超えた化け物と化していたのです。
そんな状態の彼が求めたのは安全と安静。
彼が脅威を排除する事に拘っていたのはこういう事だったのです。
中々ぶっ飛んだ設定でかなり好きです。
そして最後のルートです。

【イエスマンルート】
イエスマンに、ラッキー38のメインコンピュータを乗っ取らせることで、ロボット軍団を乗っ取ることが可能と知らされる主人公。
ハウスを無力化しイエスマンをメインコンピュータに移した後、プラチナチップを使いロボット軍団を強化するか破壊する。
次にイエスマンは、各地に散らばる組織についての扱いを主人公に問う。
対処するにせよ、無視するにせよ、貴方の思い通りにやってください!貴方に間違いなど無いのですから!
ロボットであるイエスマンの狂気が見え隠れする。
主人公はロボット軍団を使い攻め込み、三大勢力全てを手中に収める。
そうして新しくなったウェイストランドでは戦闘が続き、戦争が続く旧世界と全く同じ光景が続いていた。

これが一番好きで一番狂っているルートです。

f:id:husahusadayo:20190924234925j:plain

イエスマンです。一番すこ

こいつの口車に乗せられて各勢力を滅ぼしたり残したりしているうちは楽しいが、遅かれ早かれいいように利用されていただけと気づくだろう
その頃には大抵今更後戻りもできないところまで来ているため、未来の支配者気取りでやってきた場合の悔しさ情けなさときたら相当なもの

イエスマンは本作の登場キャラクターの中で一番狂っています。
イエスマンはあくまで主人公に選択肢を委ねます。
ですが、結果は大きくは変わらず、必ず何かしらの血が流れるような結末になります。
彼は非常にハキハキと明るく喋りますが心はありません
それ故に主人公に与える選択肢は「配慮」というものがありません。
そんな彼は全員に対してのイエスマンだったのが、次第に主人公だけのイエスマンになっていきます。
確実に主人公を慕ってはいるのですが、なんというかとてもポジティブで肯定的なヤンデレとでも言うべきでしょうか……
私以外にも好きな方は沢山いる様で、こんな動画まで作られていますw

www.nicovideo.jpイエスマンファンなら動画の出来に驚くでしょうw

兎に角、言葉だけでは語りつくせないほどの魅力がイエスマンにはあります。
正直イエスマンに合う為だけにFallout: New Vegasを買うのもありよりのありです。


Fallout: New Vegas Ultimate Edition【CEROレーティング「Z」】 - PS3


Fallout: New Vegas Ultimate Edition【CEROレーティング「Z」】 - Xbox360

イエスマンの狂気はゲームをやって初めて見えてくるものが多いです。
上手く伝わったか分かりませんが、ゲームとしてもとても面白い作品です。
今回はメインクエストのみに焦点を当てましたが、サブクエストやDLCのクエストなどまだまだ面白くでぶっ飛んだ内容のものが多くあるので、是非やってみて下さい!